それぞれの種類を確認する

女性

パートとしてケアマネをする場合には、資格を取得する必要があります。すでに資格を取得している場合は別ですが、これから資格を取得する場合にはその種類に関して知っておいた方が良いでしょう。ケアマネの資格の種類といっても1つしかありませんが、どこの学校を選ぶのかあるいはどこの教材を使うかによって異なります。一般的には、専門学校に通うほど難しい試験ではないため、独学で行う人が非常に多いです。本を数冊買ってきて、それに基づいて勉強すれば合格できる可能性は高まります。介護施設が増えてきている以上、ケアマネージャーの資格を拡大しようと国も東奔西走しているわけです。ただ、いくら人が必要とは言え、安易に試験の難易度を下げるわけにはいかないでしょう。そのため試験のレベルは一定ですが、自分に合う勉強方法を選ぶことが必要です。

それなりに給料が良い

男女

昔の介護施設と言えば、安月給のところが多く、それほど安定した収入を得ることが出来ませんでした。しかし、給料が低いと相対的に人材が残らないか、残ったとしてもあまり良い人材は残らないため、介護施設の給料が増えている傾向にあります。そんな中で、ケアマネの資格はたとえパートであったとしてもそれなりのお金をもらうことができるでしょう。平均的なサラリーマンほどいかないケースもありますが、基本的に家族を養うぐらいまでお金を得ることが可能です。そのため、特に副業等をする必要はないでしょう。ケアマネになりたければ、十分に勉強を行うことが必要です。少なくともこの資格を取得していない人よりも毎月満足なお金をもらうことができるはずです。

責任はあるが肉体労働はあまりない

介護

ケアマネと呼ばれる仕事は、パートでも行うことができますが、パートでもその仕事から離れたくない人も少なくないわけです。その理由は、そこで働くことに何らかのメリットがあることです。メリットの1つは、介護施設にいながらあまり肉体労働に参加しなくても済むことでしょう。 もともとケアマネは、介護相談員として様々な人の相談に乗る役割です。そこに暮らしている老人と相談すると言うよりも、老人の家族と相談をする流れになります。老人が施設に入ると、保険等の問題もあるでしょう。この場合、ケアマネージャーに話を聞けば大抵の事は答えてくれます。言うならば、資格を取得する前の段階で保険の勉強などもある程度しておかなければなりません。昔に比べて安定している仕事になりつつあることも、人気の理由の1つと言えるでしょう。介護施設が非常に増えてきていることから、スタッフは必要ですが、相談員としての資格を取得している人はあまりいません。そこで、他の資格を取得してもしていなくても、ケアマネを目指して資格取得に力を入れる人が増えたともいえます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中